見てるだけでこっちが怖くなるようなタックル 闘う姿勢はこうした「球際」に現れる