ラインゴールや普通のゴールなど、サイズを変えたりでバリエーションを広げやすいメニュー。「改善したい内容ごと」のシュチュエーションを出しやすく便利なトレーニングですね。 小学生、中学生、高校生まで幅広くお勧めです。