パス回しのメニューはいくつあっても困りません。アップなどの時間の無い中でスムーズにメニューを移行できると選手気持ち良く試合に臨めます。