フェイントのバリエーションを変えたり応用次第でパスのタイミングなどの指導ポイントもある練習メニュー